校長挨拶
  ご あ い さ つ

 

 仙台第三高等学校公式WEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。
 本校は昭和38年4月に開校し,今年度創立57周年を迎えます。この間,約2万名の卒業生が全国各地で多方面にわたり活躍をしています。本校は県内初の理数科設置校でもあります。平成22年度から第一期のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校として,平成29年度から第二期のSSH指定校として理数科にとどまらず,自ら学ぶことを大切にした探究活動・課題研究を中心とした学習展開を行っています。探究活動・課題研究の成果は高く評価され,毎年全国総合文化祭へ県代表として選出されるほか,各種コンクール・コンテストで選抜され世界を舞台とした発表へとつながっています(令和2年度台湾国際科学フェスティバル化学部門3位,令和3年度グローバルサイエンスリンク・シンガポール2題,アジア・オセアニア高校生フォーラム)。
 授業では全学年・全教科でアクティブ・ラーニングを行い,自らが考え,実践する能力を醸成し,新たな社会を牽引する力を育成しています。また,整ったICT環境下で宮城教育大学等と情報活用能力向上のための研究開発を行っています。さらには海外の高校や大学と直接あるいはWebを通し,単なる国際理解にとどまることのないESD/SDGs(ユネスコスクール)の観点からの交流を行っています。その結果として高校における学習活動を高く評価する新たな大学入試制度にも対応し,多くの生徒が志望する国公立大学の合格者数も県内随一となっています。
 本校の「心身の健康」「真善美の追求」「愛と知の稔り」3つの建学の精神は脈々と引き継がれ,学内学外で花開いています。活発な生徒会行事,運動部・文化部の東北大会,全国大会,国際大会での活躍など枚挙に暇がありません。まさに,学習でも課外活動でも,生徒自らが考え,行動し,新たな実践につなげることで得られた結果です。これらの詳しい内容は,ぜひホームページにあるバナーをクリックしてご覧ください。
 また,中学生の皆さんは学校説明会などに参加していただき,普通科,理数科それぞれの特色ある学習,部活動に取り組んでいる様子をご覧いただき,三高生のパワーをぜひ実感してください。

校長 佐々木 克敬