仙台三高SSH
新着
令和6年度SSH交流会支援 探究活動まなびあい教員研究会 を実施します。 8月1日(木)9:00~12:30 会場 仙台第三高等学校 内容 講演:講師による講演 ⇒ SDGsを軸にした探究活動の取組みとESD協会の取組紹介   グループ協議:各校の現状や課題把握及び「実践事例」の共有とアドバイスの検討 参加形態 来校参加、またはオンライン参加 申込 ① 参加申込書 を7月10日(水)まで担当にメール送信してください。   ② 提出資料  を7月24日(水)まで担当にメール送信してください。 詳しくは、R6 探究活動まなびあい教員研究会実施要項をご覧ください。 昨年の様子はこちらのブログをご覧ください。
昨年12月に開催されたJSEC2023(第21回高校生・高専生科学技術チャレンジ)で花王賞を受賞した自然科学部化学班の生徒2名が、5月11~15日アメリカロサンゼルスで開催されたリジェネロン国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)2024※に日本代表として参加しました。受賞はなりませんでしたが、研究を通じて世界中の人々と交流し、かけがえのない体験となりました。今まで応援、協力してくださった皆様、ありがとうございました。   「写真提供:NPO法人日本サイエンスサービス(NSS)」   ※リジェネロン国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)2024は、世界60以上の国や地域から1,600人以上の高校生が集まり、科学の研究を競う世界最大級のコンテストです。   1日ごとの様子を報告 https://nss.or.jp/ 本校生徒の研究紹介 https://projectboard.world/isef/project/chem022t-conditions-for-hydrogen-explosions-in-pt-foil ISEFのホームページ https://www.societyforscience.org/isef/ 文部科学省のHP掲載 https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2024/1416581_00002.htm      
理数科2年生のイノベーション理数探究Ⅰで,三高探究の日で発表した口頭発表(3min.)をもとに 課題研究を本格的に進めています。 理数科15班は地学の視点から時習の森を解明することを目的に課題研究に取り組んでいます。     未知のことを明らかにするのは謎解きのようでワクワクしますね。 課題研究を通して,一回り大きくなることを願っております。  
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校である本校は1年生の理数科において,イノベーション理数探究基礎の授業で探究の仕方について実践的に学んでいきます。 物理分野の授業では全4回の授業の中で,実験→結果のまとめ→考察→レポート作りに取り組んで行きます。 1回目の授業ではブレッドボードを使って電気回路を作成し,理論値と実測値の違いを体験し,なぜそのようになるのかを考えました。 理論は理論として大切なのはもちろんなのですが,理論だけを学んでいても実際に活用しないと全く役に立ちません。 それを体感できた貴重な機会になったと思います。
{{item.Plugin.display_name}}
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}
SSH Topics

SSイベント関連情報

令和6年度SSH交流会支援 探究活動まなびあい教員研修会のご案内

令和6年度SSH交流会支援 探究活動まなびあい教員研究会 を実施します。

8月1日(木)9:00~12:30

会場 仙台第三高等学校

内容 講演:講師による講演 ⇒ SDGsを軸にした探究活動の取組みとESD協会の取組紹介
   グループ協議:各校の現状や課題把握及び「実践事例」の共有とアドバイスの検討

参加形態 来校参加、またはオンライン参加

申込 ① 参加申込書 を7月10日(水)まで担当にメール送信してください。
   ② 提出資料  を7月24日(水)まで担当にメール送信してください。

詳しくは、R6 探究活動まなびあい教員研究会実施要項をご覧ください。

昨年の様子はこちらのブログをご覧ください。

本校生徒2名、日本代表としてリジェネロン国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)2024に参加してきました!

昨年12月に開催されたJSEC2023(第21回高校生・高専生科学技術チャレンジ)で花王賞を受賞した自然科学部化学班の生徒2名が、5月11~15日アメリカロサンゼルスで開催されたリジェネロン国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)2024※に日本代表として参加しました。受賞はなりませんでしたが、研究を通じて世界中の人々と交流し、かけがえのない体験となりました。今まで応援、協力してくださった皆様、ありがとうございました。

 

「写真提供:NPO法人日本サイエンスサービス(NSS)」

 

※リジェネロン国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)2024は、世界60以上の国や地域から1,600人以上の高校生が集まり、科学の研究を競う世界最大級のコンテストです。

 

1日ごとの様子を報告 https://nss.or.jp/

本校生徒の研究紹介

https://projectboard.world/isef/project/chem022t-conditions-for-hydrogen-explosions-in-pt-foil

ISEFのホームページ https://www.societyforscience.org/isef/

文部科学省のHP掲載 https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2024/1416581_00002.htm

 

 

 

イノベーション理数探究Ⅰで,実験計画をもとに課題研究を進める。

理数科2年生のイノベーション理数探究Ⅰで,三高探究の日で発表した口頭発表(3min.)をもとに

課題研究を本格的に進めています。

理数科15班は地学の視点から時習の森を解明することを目的に課題研究に取り組んでいます。

 

 

未知のことを明らかにするのは謎解きのようでワクワクしますね。

課題研究を通して,一回り大きくなることを願っております。

 

イノベーション理数探究基礎で物理分野の授業が始まる。

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校である本校は1年生の理数科において,イノベーション理数探究基礎の授業で探究の仕方について実践的に学んでいきます。

物理分野の授業では全4回の授業の中で,実験→結果のまとめ→考察→レポート作りに取り組んで行きます。

1回目の授業ではブレッドボードを使って電気回路を作成し,理論値と実測値の違いを体験し,なぜそのようになるのかを考えました。

理論は理論として大切なのはもちろんなのですが,理論だけを学んでいても実際に活用しないと全く役に立ちません。

それを体感できた貴重な機会になったと思います。

三高探究の日(探究活動成果発表会)で,海外・他校の生徒と議論を深める。

 5月16日(木)に三高探究の日(探究活動成果発表会)が仙台第三高等学校で開催されました。3年生が2年生から1年間取り組んできた研究の成果を三高生や来賓(大学教授など)、他校生の方々に発表しました。1、2年生にとってはこれからの自分たちの探究活動をイメージする機会となりました。そして、今年度は本校のOB・OGで、現在大学生の学生TAを招聘しました。在校生は研究を深めるとともに、卒業後のイメージを抱くことができたようです。

 午前は、代表班による口頭発表を体育館で行いました。イノベーション理数探究Ⅱ(理数科)とイノベーション探究Ⅱ(普通科)の授業内で取り組んだ探究活動、自然科学部生物班の研究の計3題の発表でした。どの発表もレベルが高く、実験の進め方や見せ方など、生徒にとってとても刺激になりました。その後のポスター発表には、三高93題の発表に加え、県内から古川黎明、宮城第一、角田、多賀城、宮城野、白石、仙台南、宮城学院の計8校から18題、生徒53名が発表を行い、900名を超える三高生と交流が深めながら、互いに大きな刺激を受けていました。

◎3年生のポスターは、WEB研究紹介2024春 をご覧ください。

 午後は、海外交流として韓国チョンリョル女子高校(令和5年から2回目)とオンラインでお互いに英語での研究発表を行いました。仙台三高の大講義室にある双方向配信システムを活用し、英語での発表や活発な質疑に会場が盛り上がりました。仙台三高理数科では、Research ExpressionⅡの授業のなかで東北大学グローバルラーニングセンター(GLC)の留学生との英語ディスカッションに取り組んでおり、その成果を十分に発揮することができました。この他、2年生全員が自分の探究活動について3分間のプレゼンテーション(3min)を行い、3年生から厳しくも暖かいアドバイスがありました。

今後もSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校として、科学的な探究活動を支える「尚志ヶ丘フィールド」と「三高型STEAM教育」の開発と実践を通して、生徒の知的好奇心の育成に力を入れていきます。次の研究発表イベントは11月7日(木)イノベーションフェスタです。

つくば研修・各種フィールドワークの説明会を実施!多くの三高生が集まる。

5月2日に

つくば研修・白神フィールドワーク・南三陸フィールドワークの説明会を実施しました。

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校である三高の特色の1つである課外活動であるこれらの研修およびフィールドワークは多くの三高生にとって人気のある活動です。

例年多くの1~2年生が参加を希望しますが,定員があるため,抽選となります。

今年も高倍率となりそうですね。

 

宮城教育大学研究室訪問

2年生理数科では理数探究の授業で研究を進めています。

クラゲ研究班では、これからの研究についてアドバイスをもらうため、宮城教育大学出口研究室を訪問しました。

クラゲの研究を進めている大学生の研究発表会に参加させていただき、さらには出口先生から丁寧にご自身の研究について説明していただきました。さらに実際の研究に使っているクラゲも見せていただくことができました。

発表に関しては、研究室には海外の研究者が訪問されていたため、なんと発表はすべて英語…苦笑い

しかし、2年生理数科の生徒は台湾の生徒との交流も控えているため良い勉強になりました。

日本藻類学会でポスター発表

2024年3月23日 神戸大学で開催された日本藻類学会第48回大会でポスター発表を行いました。

ワカメ研究班とミカヅキモ研究班が参加し、ミカヅキモ研究班は参加した高校生の中から3グループのみが選ばれる優秀賞を受賞することができました。

専門性の高い学会に参加し、鋭い指摘を多く受けることができ、多くの学びを得ることができました。

また、高校時代の研究を生かし社会人として活躍している本校卒業生も参加しており、多くのアドバイスをいただくこともできました。

SSHコーディネーターが来校。探究活動の内容を全力紹介!

 4月11日からSSHコーディネーターの本格的な活用が始まりました。SSHコーディネーターは、課題研究や探究活動を深化させ、他校に普及をするとともに、大学・企業等との連携を促進するために配置される職員です。仙台三高には石澤公明先生(宮城教育大学名誉教授)が来校し、隔週または週1回、理数科と普通科の探究班を指導してくれます。4月24日には、早速6つ班の班が設定したテーマや探究内容について説明し、探究活動の進め方や探究の方向性についてアドバイスをいただきました。探究活動はまだまだ始まったばかり。三高探究の日に向けてスライドをまとめましょう。頑張れ三高生!

普通科探究63班

普通科探究5班

理数科理数探究4班

理数科理数探究5班

仙台三高の取組みを宮城県全体に普及

 4月5日16:00 宮城県総合研修センターの研修室1・2(3階)の廊下に仙台三高の取組を普及するポスターを掲示しました。掲載後には総合研修センターの方にしっかりと確認をしていただきました。掲載期間は4月~9月の6ヶ月間です。みなさんも総合研修センターに行った時にはぜひご覧ください。仙台三高の昇降口にも掲示しています。

○掲示しているポスターの題名

① 三高型STEAM教育による探究的な学びの取組.pdf

② 仙台三高 学校林「時習の森」の活用.pdf

③ 令和5年度第2学年理数科13班のポスター「仙台三高学校林「時習の森」における小規模林冠ギャップが森林内に与える影響とその経時的変化」.pdf

掲示の様子1

掲示の様子2