校歌・応援歌

仙台三高校歌

MP3で再生できます。
※本校歌は、2013年3月1日 第48回卒業証書授与式にて録音再構成したものです。

 

  応援歌 (竜神の歌)

 

作詞 井上 英之  作曲 佐藤 宏


雷鳴一撃 天を裂き 電光一閃 岩を割る
乾坤の精集まりて 尚志ヶ丘に怒るとき
安養竜神 今ぞ起つ
おゝ進め竜神 三高竜神進め

金剛力は 山を抜き 気炎万丈 世を蓋う
健児一千 肩くみて 天地どもよし雄叫べば
安養竜神 今ぞ起つ
おゝ進め竜神 三高竜神進め

MP3で再生できます。


平成28年4月 歌唱指導より
  応援歌 (凱旋の歌)

 

作詞 井上 英之  作曲 佐藤 宏


肥馬鞭打たせゆるがにも 敵の牙城に寄るは誰
秋水一度ひらめけば 君は無人の境行く
それ!戦勝てり美酒を 汲みて讃えん君が御名
光涼しく月照れば 喜びに満つ五城楼

秋の最中の野の風に 乱れて伏すやしこ草の
定め果てなき敵の陣 紅蓮の旗は地に伏しぬ
それ!戦勝てり美酒を 汲みて讃えん君が御名
光涼しく月照れば 喜びに満つ五城楼

MP3で再生できます。


平成28年4月 歌唱指導より
  応援歌 (狼煙は上がり)

 

作詞 内堀 玉男  作曲 千葉 智義


狼煙は上り 機はいたる 竜玉奪う 気概こめ
眦決せし 驍騎こそ 三高麒軍の 英姿なれ
いざ戦わん いざ勝たん 奮え不抜の 三高陣

都塵を拭い 翠巒に 策す叡略 磨す鋭鋒
乾坤わたる 竜吟は 三高麒軍の 雄叫びぞ
いざ戦わん いざ勝たん 奮え不屈の 三高陣

仙台湾に 涛起し 蔵王の嶺雲 吹き払う
この疾風こそ 万里征く 三高麒軍の 羽撃きぞ
いざ戦わん いざ勝たん 奮え不撓の 三高陣

MP3で再生できます。


平成28年4月 歌唱指導より
  逍遥歌・第一応援歌

 

逍遥歌

作詞 菅野 洋一  作曲 佐藤 励


見遙かす太平洋のその彼方世界を思う
人類の平和を願い新しき世紀を開く
われらこそ三高生 仙台三高生
いにしえの聖なる山を今ここに開きて築く
堂々のわれらが校舎 三高 三高 仙台三高

仰ぎ見る宇宙の果てにその奥の神秘を探る
永遠の真理を求め新しき文化を創る
われらこそ三高生 仙台三高生
夏の夜は螢飛ぶ沼佇めば思い果なく
若ければわれらは夢む 三高 三高 仙台三高

鍛え行く強き身体この力日本を担う
螢雪の三年の日々をたゆみなく道を求めん
われらこそ三高生 仙台三高生
打ち続く青き山脈渡る風胸に吸い込み
高らかにわれらは歌う 三高 三高 仙台三高

第一応援歌

作詞 瓜生 茂樹  作曲 戸田 靖男


朝日に映える遙かな太洋を東に臨んで立つ我が母校
強き闘志に燃えさかる 我ら若人健男子
いざや示さん我が力
我らが三高意気高し 我らが三高意気高し


残雪頂く泉の峰を 北に控えて立つ我が母校
熱き血潮に誓い合う 我ら若人健男子
いざや示さん我が力
我らが三高意気高し 我らが三高意気高し

  第二応援歌・第三応援歌

 

第二応援歌

作詞 作曲 斎藤憲彦


光が丘に日は満ちて 青葉を映す沼の上
高き理想を掲げつつ 青春誇り進み行く
我らいざいざいざ行かん三高生

泉ヶ嶽を北に見て 真理を求める学び舎に
時代を担う若人が 集まり競い進み行く
我らいざいざいざ行かん 三高生

遠く太洋臨み見て 毅然と立つ我が校舎
日々の試練を重ねつつ伝統を育て進み行く
我らいざいざいざ行かん 三高生

第三応援歌

作詞 梅津 智弥  作曲 伊東 慶太郎


両雄照らす名月に 勇姿の映える三高陣
爛々たるはその眼 天下取らんと覇を唱う
天は揺るぎ地は震え 三高麒軍がここに起つ

凱旋期するこの丘に 覇気満ち満ちたる三高陣
虎視眈々と機に臨み 駿馬に跨り天下取る
天は揺るぎ地は震え 三高麒軍がここに起つ

  永久の鋭気・若き血潮 

 

永久の鋭気

 


雄々しき腕 高張る胸に 見よ堂々の 備えあり
打ちて躍りて磨き競わん 力 力 力 一千の
永久の雄姿を築くらん

華願潮 燃えたつ闘志 光を四方に 輝かす
打ちて砕きて 何か恐れん 力 力 一千の
永久の鋭気を培わん

若き血潮

作詞 砂金 汀人  作曲 井上 恵美


青葉城下の艮陵の 尚志ヶ丘にかすみたつ
潮騒はるか青巒の 清澄の気地にみちて
旗颯爽とひるがえる ああ我が三高健児団

秋颯颯の風立ちて 月下に思索の時もあり
湖畔に静思の集いあり 無限に続く世代の
明日を荷負う若人よ ああ我が三高健児団

ああ闘わんや時至る 若き血潮のたぎる時
成らざる事やあるべきぞ 倒れ止まん意気あがる
見よ堂々の陣を張る ああ我が三高健児団