SSH Topics

第10回科学の甲子園-みやぎチャレンジ 2020-

 実施日 10月31日(土)
 場 所 宮城県総合教育センター

 この大会は,宮城県教育委員会主催で,宮城県内の科学好きな生徒の底辺拡大を図るとともに,理系人材の育成を図るため,学習指導要領の趣旨に基づく理数教育の充実の一貫として,総合的な問題に取り組む競技形式の大会として行われるもので,令和3年3月に行われる「第10回科学の甲子園全国大会」の予選を兼ねている。
 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で,例年行われていた事前課題やポスター発表は行われず,筆記競技と実技競技のみ実施された。
 県内13校19チームが参加し,本校からは,昨年度,一昨年度に引き続き1年生のみの構成で2チーム参加した。自然科学部化学班を中心に物理班や自然科学部以外の生徒が加わったチーム編成で,初めて一緒に競技に取り組んだが,全員協力して競技に臨んだ。
 上位に入ることはできなかったが,この大会を大いに楽しみ,同時に科学的に探究する力や協働性,学習意欲などの向上といった成果が見られた。

1学年SS探究基礎の授業で「フィールドワークの実践」を実施しました

 「フィールドワークの実践」は,1学年普通科の授業「SS探究基礎」の中で今年度本格的に取り組み始めたものの一つです。これから生徒自らが主体的に取り組むことになる研究活動の中で用いる研究手法の一つとして,体験してもらおうとするものです。

 9月11日(金)6校時に,地理コース,生物コース,地学・化学コースに分かれて,歩測での距離の測定や校地周辺の地形や景観の観察,並木の周や高さの測定,地層の観察や土壌の調査を行いました。この活動を通して,今後の探究活動へ理解を深めることができました。18日(金)も実施します。