新着
令和2年1月18日(土)~20日(月)に開催された令和元年度宮城県高等学校新人バスケットボール大会に仙台三高女子バスケットボール部が参加しました。   1回戦 対 古川高校  80 対 52  勝利   2回戦 対 聖和学園  35 対 135 敗退   新人戦県大会ではベスト16という結果になりました。 生徒たちは持てる力をすべて出し切り戦うことができました。 応援していただいた皆様ありがとうございました。 次年度の高校総体ではより上位を目指して頑張りたいと思います。
部長と1年生2人が冬休み中に千葉県白子テニスコートで行われました「New Year Cup in Shirako 2020」に参加してきました。全国から集まった多くのプレイヤーと交流戦を行い、個人の課題の発見と技術の向上を図ってきました。   1年 山下一輝の感想 「テニス漬けの3日間となり、20試合の中から学べたことが たくさんありました。関東圏の人と戦えたことや、 強豪校の朝練に参加したことなどから、テニスに対する姿勢や 心構えが変わりました。3日間で得た経験すべてを今後に 生かしたいと思います。」
12月に2週にわたって冬季ジュニア大会が行われました。シングルスでは1年阿部倫大が第3位、2年川口駿也がベスト8となりました。接戦となる試合が多く、本人たちはもっとできた、上へ進めた、と悔しがっていましたが2人は最後まであきらめず健闘しました。      第3位となった阿部倫大                         ダブルス戦に臨む2年生同士のペア(奥側)ベスト16に進んだことで                    エキシビジョンマッチも多くこなし経験値を高めることができました。   試合中もただ単にラリーをつなげるのではなく、今回は積極的に前へ出ることでボレーやスマッシュを狙いに行く選手が多くなりました。前へ出ることで攻撃のバリエーションを増やすことができ、相手へのプレッシャーを与えることもできます。 単純なミスの連続から自発的に流れを悪くし、消極的になる選手が今のメンバーの中に多いのですが、個人個人が考えるテニスを実践して強さに磨きをかけてほしいです。さて、この冬は雪が少なく比較的コートも使えますが日が落ちるのが早いため基礎体力の向上を目的としたトレーニングを多く取り入れて練習に取り組んでいます。 地道な練習がかならず...