新着
7月17日、第1回SS講演会を実施しました。  SS講演会は,普通科と理数科の生徒を対象として,希望者が自由に参加出来る講演会です。毎回,その道の最先端にいる大学・研究所の研究者を三高にお招きして,高校生向けに研究の一端を紹介していただいています。また、単なる講演会としてお話を聴くだけにとどまらず、合間に実際に実習を行う事もあります。  今回は東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターでサイクロトロン核医学研究部の教授であり同センターの副センター長も務める田代 学 先生をお招きして放射線を使った画像診断とがん治療について講演をいただきました。最先端の放射線治療についても紹介いただき、さらには実際のPET画像やCT画像を使いながら、臓器の特徴や働きについても理解を深めました。生徒は教授の講演に熱心に耳を傾け、実習の際は実際のPET画像を見ながら臓器の様子や動きの解析を真剣に行っていました。
夏休みといっても来週は1、2年生ともに毎日夏季課外講習が入っていてまだまだ夏休みらしくはありませんが。 さて、テニス部は現在多球練習を多く取り入れ、フォームとコントロールの精度を上げるべく努力しています。また、部長の提案で練習内容をビデオで撮影をして、部員みんなで映像を確認するという振り返りも始めました。教室の壁に備え付けのプロジェクターにパソコンを接続し、練習中の対戦の様子を映像を黒板に映し出します。そして この場面ではどの位置にいるべきだったか、この状況ではどこを見てないといけないか、等々をみんなで確認をします。さらにそこで挙がってきた課題を次の練習メニューに反映させます。ただ打つだけの練習で満足せずに客観的に自分のプレーを分析することでお互いの技術の向上を図っています。 来週25日は仙台三高の学校説明会(オープンキャンパス)です。 校門入ってすぐの駐車場となりテニスコートにて部活見学を行います。当日は男子テニス部は1面しか使用できませんが、練習風景はもちろん暑さに負けない元気なメンバーの雰囲気もお見せできると思います。現在テニスをやっている生徒も、経験がない生徒もぜひ見学に来てください...